<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

秋のテニスシーズンが終わりました。今年は・・・勝敗ではあまりよくなかったのですが、それなりに次への課題が見えてきて、このまま取り組めば来季は明るい方向にいけるかな・・・と、珍しく前向きな反省です。最後はチーム・メートのお宅で、ポットラック・パーティでした。
a0134535_0421392.jpg

手前の買ってきたスティック野菜は、多分時間がなくて顔だけ出した人の物だと思いますが、他のは全部みんなの手作り。料理が苦でないアメリカ人も結構いるものです。と言うか、私たちのチームは、みんな「いい主婦」「いいお母さん」している「そこそこ暮らしのいい人」ばかりです。私はやっぱり寿司かなって、アメリカン巻物。
a0134535_0455320.jpg

その暮らしのいいチームメートたちですが、とにかくテンションが高い!静かなアメリカ人もいなくはない・・・と、思うのですが、全員が叫ぶように自分の「ファニーストーリー」を語り、時には、二人のナレーションが重なって、どちらを聞いていいのか、聞き取り上手でない私はどちらも中途半端になります。はあ・・・。
日本人のお宅に伺っても素敵だなと、感心することしばしですが、アメリカ人のお宅は私たちと違うセンスで、小さい子供がいるはずなのに、生活臭く見えないのがさすがです。どうして我が家は茶の間になるのでしょうか・・・。でも、我が家もホリデー・シーズンにアメリカ人を招待することになっているし、何とかそれなりに、「素敵な家」に見せたいものです。がんばろう!っと。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-31 00:53 | スポーツ
先日久々にBuckheadに行きました。夫のドライバーとして、だったので、時間を潰すのに近くのモールへ。そこで、やっぱり久々にスウィート屋さん「River Street」に立ち寄り、プレーリンをお茶請けに一個買って、本など読んで過ごしておりました。
a0134535_0232939.jpg

ジョージア南部の都市、サバンナの有名なお店です。しかもついている名前が、World Famous Pralinesですからね。世界的に有名なのでしょう?やっぱり南部で有名なピーカンを使っていて、これが安くはないからでしょうが、アメリカのお菓子にしては値段的に高級です。量り売りですが、この一個でも2ドルは優に超えました。箱、缶入りは、知っている人にしか贈れないぞ。美味しいけれど・・・。
a0134535_026685.jpg
途中の高速で撮った看板です。Cavalia。MidtownのAtlantic Stationにテントが立っているので、シルクドソレイユがまたやってくるのか・・・と、思ったら、今回はこのカバリア。シルクと同じカナダ出身のパフォーマンス集団で、生きている馬を操るらしいです。どこの評を見ても、「シルクのような・・・」って書いてあるので、ちょっと不思議なムードなのでしょうね。10月27日から11月15日までで、公演は開催日は一日一回と、少ない公演回数のようです。生き物相手だからかな。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-30 00:30 | 食べ物
昨夜はかなり雨が降ったようで、今朝も洪水注意報が出ていました。今朝の台所から見える我が家の裏庭の風景。森を切り開いてできた向こうのゴルフ場に霧がかかって、その間から木漏れ日が・・・。
a0134535_036087.jpg

毎朝、山小屋に住んでいたのかと錯覚するような、自然の中で生活。こんな贅沢はないんだけれどなあ。反面、自然との共存はなかなか難しい。
a0134535_037822.jpg

雨でかなり葉が落ちましたが、急な寒さが早くやってきた今年の秋は、近所の紅葉でも十分楽しめる心和む季節となりました。空が吸い込まれるほどに高く、青いよ。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-29 00:44 | 自然
今日は雨です。懸念のお隣さん所のちびっ子ワンちゃんが、キャンキャン言っています。覗いてみると、雨に向かって吠えているようです。それに反響して大きいワンちゃんが遠吠えを始めました。雨だとお外で遊べないものねえ。(まだ余裕です。)
a0134535_071134.jpg

Favorite料理ブログを見ていて、紅茶ベーグルが焼きたくなったのですが、多分男たちには受けないと思って、食パンを二種焼きました。小さいほうの中を見せているのが、私の好きなチーズパン。小学生の時大好きだったのが、神戸Donqのバケット。食べ続けていましたが、中学生くらいになって近所のパン屋さんが焼き始めたチーズ入りフランスパンを食べて、もう夢中に。どんどん体がまあるくなっていきましたっけ。はちきれんばかり!
a0134535_010246.jpg
プレーンなパンをスライスして、朝フライパンで焼いたチキンを挟んで、息子のランチに。試験が一日に3つもあるという苦学生は、ランチをゆっくり食べる時間を惜しんで、勉強をしているというので、食べやすいようにサンドイッチ。Chick-fill-Aのサンドイッチ(学生センターにある)には敵わないかな。

昨日から携帯電話の会社に連絡を取り続けました。Green志向で、紙の請求書には紙代をチャージするから、オンラインで請求書を見て支払うことを勧めてきました。なので、私もそれにサインアップしたのですが、Emailでの「請求書ができたよ」告知が来ない。で、EmailでのことだからEmailで質問したいのですが、これがオプションとしてない。Live Chatというのが・・・待たせる待たせる・・・。「全員忙しい」「もうすぐあなたのお相手をする」「後数秒」「やっぱり忙しい」・・・みたいな繰り返し。
結局、携帯電話会社なので携帯電話から連絡し、Emailアドレスを再確認して・・・終了。来月から無事届きますように!
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-28 00:20 | 食べ物
小噺で始めた題名どおり、お隣に垣根が作られました。二匹いるワンちゃんのための柵。
a0134535_27890.jpg

これがですね、穏やかに、「ワンちゃんのお庭できてよかったですね。」って言えるか、「勝手にうるさい犬を遊ばせる為に作ったのか」と憤るか、お隣さんととの関係で紙一重ですよね。
先日のブルドッグを残して去ったトンでもない「馬鹿者たち」が柵のこちら側に壊れたBBQコンロを残していっています。これ、もしウチのだと思われてたら面倒だな、こういう金属の塊はゴミやさんもリサイクルも嫌がるぞ・・・って悩んでいました。そしたらすぐに新しい人が引っ越してきた様子・・・
で、ワンワン吠えまくる犬二匹を連れて、その柵の中に出てきた女性を見かけたので、話しかけに行きました。アメリカの場合、引っ越してきた人が近所に挨拶に行くのではなくて、元からの住人が「Welcome!」って声をかけるものみたいなので。話してみると、前回の馬鹿者たちに家を貸していたその家のオーナーだったと判明。彼女は、自分が住めない間、この辺りで有名なPMという不動産やさんに、リロケーションをお願いしていて、家も管理してもらっていたらしい。ところが、住んでいたのがああいう奴らだったとは知らなくて、イザ家に帰ってきたら、壁は穴が開いているし、絨毯は汚れまくっているし、ガレージは修理工場化していたし(外から見ても異様だった)、審査も何も無しに貸した・・・と、そのPMを訴えると言っています。ま、ウチと一緒で被害者だったようで、こっちとしては、「もう彼らは戻ってこないんだよね」と確認を取れたので良しとします。
それからは、ワンワン泣かれても、新しいお家にまだ慣れないのね~なんて、余裕でみてあげられるから、言葉一つで気持ちって変わりますよね。BBQコンロは隣人さんが処分してくれるそうです。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-27 02:29 |
向こうに見える骸骨さん。看板を持った「人」です。ハロウィーン用コスチューム店の宣伝マン。
a0134535_937398.jpg

道路のそばで空気悪いし、寒いし、大変だよね。
今夜は冷えるようです。もうお家に帰って、暖かくしているかしら?皆さんも暖かい週末を!
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-25 09:33 | 季節・行事
「弁当男子」って言葉があるって聞いたから「お弁当主婦」。珍しくもないか。韓国市場で買った韓国さつまいもで、芋ご飯をお弁当の為に炊きました。最近子供たちが、「日本風のお弁当」を学校に持っていくので、私も夜のうちから明日のお弁当の具材を考えています。高校まではさすがに周りに合わせて、簡単なサンドイッチ(ハムチーズだけみたいな)とジュース、リンゴなんて、・・・って言うものを紙バックに入れて持たせていたのですが、大学生はインターナショナル。自由でいいみたいです。
a0134535_7292133.jpg

私は何処に出かけるわけではないのですが、一緒にお弁当にして、家でランチしています。プチトマトの大きさが物語るように、小さいお弁当箱なんですが、結構これで足りるのよね。ダイエットになるかしら?

今日はやはり予報どおりお昼から雨で、誘っていただいたご近所の高校のフットボール観戦もご遠慮しました。雨でもフットボールの試合はあるでしょうが、心待ちにしているマーチングバンドは、雨で楽器が濡れては大変(木管、打楽器)ですものね。天候のせいでしょう。寒くて震えていた2,3日前が嘘のように、今日はぬく~いです。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-24 07:34 | 食べ物
アメリカに十数年住めば、さすがに郷に入っては郷に従えですよね。日本人の良さも忘れないようにして、アメリカのいい所を取り入れさせてもらうって言うのは、大事なんだけれど、実際子育てでみんな躓いたりしているのではないでしょうか。まあ、そんな私も、いいのか悪いのか、最近になって人前で鼻がかめる様になりました。結構恥ずかしいでしょ。風邪を引いていてぐずぐずするんだけれど、音も顔も見せるのが嫌で大抵我慢していたのが、アレルギーでティッシュがお供のパートナーの影響で、ま、いいか、私もチ~ン。
a0134535_423204.jpg
そういう、生活習慣の違いは多々あるでしょ。公衆トイレで音姫なんて必要でなくなっているし。それとは別に、先日買った冷蔵庫のお話の続き。私の持論は、こちらの家電に欲を持たない。洗濯機の音がうるさくても、掃除機が大きくても、仕方がないと思っているのですが、今回はちょっと驚いた。
写真は冷蔵庫の冷蔵部分のトップについている電球。裸電球が見えるでしょう。その周りにはめ込み式の穴っぽいのがあるので、夫が、この状態で物を入れると電球が割れる恐れがあるから、絶対カバーを忘れたのだろう、こんな冷蔵庫はない!と、電器屋さんに足を運びました。どうせなら、店の実物も見てみたいし・・・と。
そうしたら、何ともともと電球だけで、カバーがないの。お店の人に話したら、「僕のも違うメーカーだけれどないよ」って。そこにある、片開きの冷蔵庫はみんな裸電球むき出しだったの。「ドアを開けたら電気がつくから、電球の下は熱いよ」って言ったら、「うん、知っている。だからそこには僕はコーラとか置くんだ」って。家電に我々が合わせろってことだったのだ!因みに、以前使っていた観音開きタイプは、だいたい両扉の真ん中の天井に埋め込まれてあるので電球は見えなかった。
a0134535_430556.jpg
ついでだから、もう一つ。ウチの寝室で使っている加湿器は、水と塩を入れてコンセントにつなげれば、電気分解を起こして水が蒸発するというシンプルなものなのでこれはいいのですが、水を入れるのに洗面所を使うでしょ。写真の図でわかるように、洗面所のボールが加湿器より小さくて、水道の蛇口が太くって、つまりまっすぐに置いて水を入れられないの。だから、線のところまで・・・って水をいっぱいに入れられない。他の容器に入れて注いだとしても、電解した塩の塊を掃除したいときには、加湿器の形状からして、全部は洗い流せないの。
こちらの家電メーカーの常識って、・・・違うよね。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-23 04:42 | アメリカン
先ほど深夜にも関わらず、日本ではWindows7の発売で、量販店に並ぶ人々の姿がネットニュースで見られました。ゲームといい、ボジョレーなんかもそうですけれど、日本人って一番乗り、とか並ぶのとか好きですよね。気持ちがわからないでもないところが、私も日本人なんだけれど、でも今だったら「深夜に並ぶ」という選択は絶対ないです。昔はロック・コンサートの為に夜通しチケットセンターに並んだけれど・・・。若かった!
その日付が変わる前が、夫の母の○○歳の誕生日でした。
a0134535_3323080.jpg

毎年カード送って、電話して、「誕生日なんて忘れたいのに・・・」と言われますが、昔教員をしていた義母は、退職してから毎年この時期、教え子第一期生(一番歳の差が少ない)と、旅行をして、必ず「先生、お誕生日おめでとう。」とプレゼントをもらったり、旅館にケーキを用意してもらったりしているので、やっぱり誕生日を忘れられたら寂しいだろうと思いますね。

一方、実家からは、年賀状の欠礼状を作ってほしいと依頼を受けていて、義母へのカードと一緒に郵便局から送りました。父が高齢の為に年賀状を書くのが困難になってきているから、思い切って来年度から失礼したいというものです。パソコンどころか、携帯電話も使わないで生活している両親ですから、お店に頼むつもりだった様ですが、一時帰国時にその話が出て、私が葉書を預かって戻りこちらでWordで打って、まとめて郵便で実家に送ったわけです。

それぞれの親に郵便で送るときに、何か季節物を一緒に送ろうと思って、それでハロウィーン・トリートが登場です。わかっているけれど、チョコレートって重いのよね。親たちに送ったのは、写真のものよりは、大人っぽいシックなものです。毎回、「送料の方がかかるんだから、何も送らなくていいからね」と両方に言われて、確かにそれは本音だと思いますが、まあ、「気持ち」ですよね。箱を開けたときに、ほーって思ってくれたらいいなと。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-22 03:50 | 季節・行事
今日は昼間は半そでスカートでテニスコートを走り回れたのですが、朝夕はやはり寒くて、空気が冷たい。今夜の月は、新月のすぐ後の細~い三日月でした。ところで、私の日課、朝からの苦行を見てみる?
a0134535_10193751.jpg

これ、健康サンダルの一つ、かかとのない、シェイプアップスリッパです。足裏全面にぶつぶつが当たる健康サンダルのファンで、結婚して以来、日本でもアメリカでも室内で履いていました。日本に帰るたびに洗い替えも含めて買ってくるのですが、今回思わぬことにまだ大丈夫と思っていた、「安い」サンダルが駄目になっちゃって、夫が日本に行った折に買って来てもらおうと考えました。
でも、そういうのを売っている店にわざわざ行く時間はないだろうし、いつも物を頼むときは(たいてい本、CD)、インターネットで頼んで、実家に届くようにしておくので、スリッパもその線で行こうと思って・・・。たまたま「普通の」健康サンダルが見つけられず、ちょっと凝ってこんなのを買ってしまったのです。
実はもう一足はかかとがないことを知っていたのですが、これに関しては、説明読んでも気がつかず・・・(よくあることです)。最初は大変でした。だって、土踏まずのところは丸く盛り上がっていて、刺激してくれて(痛い!)、かかとがないから歩くのが困難で(バランス取るのに)、パタパタうるさいのなんのって。それが不思議と数日で慣れてきました。
それでも、足を攣った後とか、ぐぎってなりそうな時は絶対やめた方がいいなと思いながら、天狗の高下駄状態でシェイプアップしています。本当にシェイプアップされているのかどうかは、1ヶ月たった今もわかりません・・・。
[PR]
by minazuki2009 | 2009-10-21 10:22 | 日常