<   2010年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

気候のよいこの時期に日本に帰っているおかげで、初めて「大田植え行事」を見ることができました。近所の散歩コースを宮司さん以下、伝統の衣装を身に着けた人々が、太鼓の拍子に合わせて練り歩きます。ずっと寒かった昨今ですが、今日は久々にピーカンのいいお天気でした。
a0134535_15142012.jpg

実家の氏神さんは、古くから、地元兵庫県で唯一田植え行事を実施している神社だったそうですが、農業が衰退されるにつれ一度中止され、また復活したところが、阪神大震災で中止。そして、その4年後に氏子さんたちの協力で戻り今年は12回目だそうです。
a0134535_15195590.jpg

地元の小学校の子ども達が、田植えの無事と豊作を祈願して、実際に田植えをします。宮司さんが田んぼのお清めをして、物忌童女(ものいみどうじょ)が立人(たちど)と言う介添え人と一緒に田に御神水を入れます。
a0134535_1526471.jpg

そして、田人(たびと)と言う大人の方たちと一緒に、早乙女、田童が田植えをするのですが、衣装を着てぬかるみに入った子ども達は、多分初めての経験で、一旦入った足を上げることができなくて、苦労していました。

特に震災の後、新しい家がどんどん建っており、そこに田んぼが残っているのとは、気がつかなかった住宅街です。農業を見直そうと言われている日本です。私自身は草にかぶれて、庭掃除もろくにできない困った体質ですが、国として自給率を上げる方向に動かなくてはいけないと常々思います。さあ、今夜からまた自然の恵みに感謝して、ご飯をいただきたいと思います。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-30 15:45 | 季節・行事
涼しい関西です。昨日は何と3月下旬の気候だったそうです。週が開けるまで例年より涼しい気温だということです。雨のせいで昨夜まで試合が続いた地元阪神タイガースは、今夜はオフ。
a0134535_19531843.jpg

基本的にテニスの試合かオリンピック以外では、ゆっくりスポーツのTV中継など見ない私ですが、実家に帰った時の野球の試合は、やはり見てしまいます。アトランタでは全くと言っていいほどTV自体を見ないウチの娘ですら、ここに来たら、六甲おろしが聞こえるまでTVの前にいます。
写真は、阪神タクシーのタイガース・バージョンです。今まで走っているのは見た事がありましたが、今回駅前に停まっていたので、思わず写させてもらいました。両親に「乗ったことある?」って聞いたら、「あるよ~。しかも病院に行く時。大学病院の前に縞々のタクシーで到着するのは恥ずかしかった!」って。乗ってて快適・・・と言うわけではないですよね。みんな見るものね。

今日、日本でi-Padが発売されて、話題です。さすがに日本人、早くから長蛇の列です。若い頃は、私も色々並んだけれど、もうあんな元気はないなあ。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-28 20:04 |
5月と言えば、目に青葉、山ホトトギス、初がつを・・・と言うフレーズが浮かびます。親戚が高知にいて、新鮮な鰹のたたきをいただく機会が多かったからだと思います。
a0134535_1855486.jpg

と言うことで、今朝、竜馬の故郷より、クール便で土佐の香りが贈られて来ました。父へのお見舞いと、私が実家に滞在している予定を従姉妹から聞いて、叔母からのお中元です。箱から開けてすぐ写したので、ビニル袋に反射してしまい、よく見えないと思うのですが、さすがに美味しい鰹でした。日本に住んでいる時はお刺身にありがたみをそれほど感じていなかったのですが、異国に住むとお魚が恋しいです。
一緒に入れてくれたフルーツトマトは甘い!赤さが太陽の光をぎゅーっと詰めて甘さに変わったのねって感動です。小夏というこの柑橘は、このあたりの市場に出回っているのかな。酸っぱさのないグレープフルーツ味で、さわやかで病み付きになりそう!何処でも何でも買える日本の国ですが、やっぱり地元で手に入るのは特別ですね。高知の叔母さん、ありがとう!従姉妹のメルトモSちゃんもありがとうね。

ところで、全仏オープン・テニスが始まりましたね。残念ながらTV放映は見られないのですが、錦織選手が長かった怪我のブランクから抜け出して、一回戦勝ちしたと言うことですね。それにもまして、ふくらはぎの痛みと戦いながら、一度は世界No.1になったサフィーナを負かせた伊達選手、39歳。頑張れ!
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-26 19:14 | 食べ物
今日の地元では、大雨洪水警報が出ました。土曜日の夜から降り続けています。
a0134535_19482724.jpg

ジョージアの我が家の裏庭と一緒で、実家からも森が見えます。裏庭が神社なので住宅街なのに鶯や、夏のせみ、カラスの声が聞こえるところです。。今日は母が用事に出かけたので、父とお留守番。「母命」の父には私では何の役に立ちませんが。

何とか雨が上がって、今夜は待たされた猛虎達が盛り上がっています。今夜は勝ち星がほしいと、近所から声が聞こえています。さて、どうなるか・・・。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-24 20:10 | 自然
実家では地元の界隈を買い物、散歩しております。小さい時からパン好きです。そのきかっけは神戸ドンクです。当時は、今ほど個人のパン屋さんが近所にはなかったので、神戸に買い物に行った帰りには必ずバゲットを母におねだりしていました。
a0134535_1601529.jpg

震災の後、近所の駅前にもドンクがやってきました。先日、駅に行った帰りに立ち寄りました。可愛い!て思わず買ったミニセット。クロワッサンやメロンパン、クリームパンなど5個セットで500円ちょっとかな。昨日は別のお店でドーナツセットも売っていたような・・・。他に美味しいパン屋さんもたくさんあるけれど、ドンクは私の青春の思い出!(食べ過ぎて太ったと言う・・・)
a0134535_1618644.jpg

大阪のおばさんが遊びに来る時に必ず買って来てくれていたのが、御座候(ござそうろう)。回転焼きとか大判焼きとか、呼ばれている、餡子が挟まったお焼きですね。この名前での商品は姫路が発祥の地で、丁度60周年記念の年だそうです。餡子がたっぷりなので、一個食べればお腹はいっぱいですが、餡が美味しいので、食べ応えがあります。店舗はデパートの外側に窓があって、お客さんがいつも並んでいる印象です。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-22 16:29 | 食べ物
関西の実家に移動しました。丁度気候が変わったところだったのかもしれませんが、今度は半袖で毎日過ごしております。昨日からしとしと雨で、今日も用事で出かけて戻ってきたら、しとしと・・・。ジョージアではザーッと降ってカラッと上がる・・・と言う雨に慣れていたので、日本に帰ってきたなと思います。
a0134535_16341795.jpg

実家の方は、母は父の長い介護生活をしていますので、花を植えて愛でるのはせいぜい鉢植えだけなのですが、近所のお花好きな方が、通り道に花をいっっぱいに育ててくれています。
a0134535_16363145.jpg

花好きが高じて、花の種や野菜を育てる農家の友人ができて、その方から種を譲っていただいているようです。
a0134535_16401416.jpg

宮崎の牛の口蹄疫がかなり問題になっています。農家は数年間の収入が絶たれて死活問題です。まだマーケットには多分それ以前の宮崎牛が出ていたので、やっぱり買うべきでしょう・・・と、夕飯用に買ってきました。今回はどちらの実家でも「お家ごはん」で、あっさり老人食(?)を一緒に食べているので、いつものように日本のものが美味しいからって太ったりは・・・しないことを祈る!今夜は私がスタミナ料理を作る予定ですが、親達の口にあうでしょうか。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-20 16:56 | 自然
寒かった数日から暖かくなってきました。まだまだわからない初夏の日本の天候です。夫の実家は、関東地方でも東京より格段に1度から2度C低いようで、微妙に花の開花が遅いかも知れませんが季節便りを。
a0134535_19314289.jpg

庭のあちらこちらに花が咲いています。義母はもしかしたら自分より年下かも知れない年配の方々に、シルバー人材センターから来てもらって、雑草を抜いてもらっています。
a0134535_19343144.jpg

日当たりがいいようで、毎年所狭しとドライブウェイに色んな花々が咲いています。勝手に芽を出す花の咲く雑草もあるようです。
a0134535_19361615.jpg

a0134535_19452264.jpg

元入院設備つきの個人病院だった実家は、建て直した後、庭を広く取っていて、木々もたくさん植わっています。ジョージアの庭で毎年かぶれている私でも、日本の庭だったら大丈夫かな?穏やかな気候の中、これから関西に移動します。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-17 19:50 | 自然
日本一時帰国の関東編です。義母と彼女の友だち夫婦が迎えに来てくれて、温泉に行ってまいりました。犬吠崎の灯台が見える銚子の、グランド磯屋というホテルの湯です。今回の一時帰国で温泉に行けるとは思っていなかったので、義母の誘いに「行きます!」とほいほい乗ってしまう嫁です。
a0134535_2136571.jpg

水平線に岩と灯台が見えるだけの風景を、広い窓で眺めながら温泉につかるのは、さすがに日本人に生まれてよかった~とため息がでますね。どうして日本人はこんなに温泉が好きなんでしょうね。義母達は月に一度は必ず来ているようです。幾つかの種類の温泉がありましたが、展望風呂がやはり最高でした。
今回珍しいアクシデントがありました。温泉客にはホテルのフロントでバスタオルを一枚ずつ貸してくれます。それを持ってお風呂に行くのですが、貴重品のみロッカーに預けるので、当然タオルは自分の籠の中。お風呂から上がってきたら何と、私のバスタオルだけない!借り物だから、盗まれた・・・わけではないだろうけれど、誰が使ったのか!その人は自分のタオルはどうしたんだ!
a0134535_2118124.jpg

銚子駅のほぼ裏にあたる所に妙福寺と言う藤の花で有名なお寺があります。地元の人は妙見さんと呼んで親しんでいます。日没の後、ライトアップしているかも・・・と立ち寄ってくれました。残念ながらライトアップはなかったのですが、車のヘッドライトで照らしてもらって見事な藤を見ることができました。臥龍の藤と呼ばれるこの藤は750余年の樹齢だと言うことです。木の幹が龍が空に上るように絡まっていてなかなか立派でした。
お墓を青く照らすライトはあり、水子地蔵の赤い風車がからから・・・。夜のお寺はちょっとどきどき。銚子観光でした。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-15 21:48 |
昨日は日本に着いてから初めて、日差しの暖かい一日でした。今ずっと夫の実家で、義母と二人で過ごしています。何しているの?って聞かれるのですが、二人でおしゃべりしています。
今朝も、朝早く起きたにも関わらず、朝ごはん食べながら、しゃべっていたら9時にになってしまって、「ゲゲゲ(朝の連ドラ)を見損ねた!」って義母があわてていました。
それでも嫁と姑が毎日ただ顔をつき合わせているのもお互い気が詰まるだろうから、東京に遊びに行ったら?と夫に言われていたので、昨日は、元住んでいた街でのお役所や銀行の用事を済ませるついでに、東京の友だちの所へ電車で出かけました。
a0134535_9421291.jpg

帰りに乗り換え地点の「駅ナカ」で、売っていた「禅ドーナツ」をお土産に買って帰りました。楽天ランキングドーナツ部門#1と言ううたい文句で、その日限定で売っていたようです。油で揚げていない、無添加素材、コラーゲン入り、和素材のドーナツだそうです。うん、美味しかった!揚げていないと言うのはやはりしつこくないし、私が食べた抹茶あずきは特にしっとり甘みも適当で、日本茶にも合いますね。「え~、ドーナツ?」と言っていた和菓子派の義母も、いつの間にか一個食べていました。因みに一個230円とは、たかがドーナツとは侮れない!

それにしても、JRの電車の本数が少ないため、待ち時間が無駄にあって、片道3時間以上の旅になるので、朝早く出て、お昼を食べただけなのに、帰り着いたら真っ暗。不良嫁です。夫に言ったら、「まあ近所では、あそこの嫁さんは遊んでいるって有名になるだろうな」って。おい、東京に簡単に遊びに行けると言ったのは誰よ?
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-14 09:57 | 食べ物
日本に昨夜着きました。夫の実家は夫が出張の折にすぐ仕事ができるようにと、インターネット環境を作ってありますので、とりあえず荷物をほどいて私のPCをつなげました。実はこの環境づくりも私がアメリカからNTTに予約して、夫が行く時にセットアップできるようにしたものなのです。秘書は大変です!

さて、関東地方は昨日も今日もパラパラと雨が降り、アトランタで「春」と言えば「半袖」だったので、どうしても持ってきたものは長袖が少なくて、たった一枚のカーディガンが重宝しています。
a0134535_15242312.jpg

今回飛行機の中で見た、アメリカ映画の感想を書こうと思います。話題の「Avatar」、やっと見ましたよ。アバターってブログとかでもよく聞く言葉だけれど、私の苦手なゲームのイメージで映画自体に興味は持っていなかったので、予習の「あらすじ」とか「評」とか一切聞いていなかったの。だから、反対に新鮮でよかったかも。
アメリカ人のクラシック「ポカホンタス」を未来にしたものですね。あの時はインディアンの住む緑と自然の土地に、イギリス人が武器や機械を持って侵入してきますよね。今度は、遠い遠い星「パンドラ」に住んでいる原住民ナビが、自然と一体化して生活しているところに、既に緑の無くなった地球から地球人(代表=アメリカ人)が武器、兵器を持ち込んで、地下に埋もれている希少価値の高い鉱物を奪って自分達のものにしてしまおうと言う話。頭でっかちの学者達の中で、たまたま双子の兄の不慮の死によって、学者でもなんでもない海軍で足の自由を奪われたJake Sullyが、任務に当たることに成り、その純粋さによって原住民に受け入れられていくんですよね。
驕れる地球の危機を描いたもの・・・と、考えたらいいのかな。やはり人気があった訳はわかりました。
a0134535_15353374.jpg

もう一本見たのが、「Leap Year」。日本語に訳すと「うるう年」です。
うるう年の2月29日は、アイルランドでは女性が男性にプロポーズをしていい日なんだそうです。そんなものはただの言い伝えで、信じないわって言っていた、ボストンの女の子が、やっぱり好きな人と結婚したくって、彼がアイルランドのダブリンに仕事に行くと言った日にちが、丁度その2月の末だったものだから、「プロポーズする!」って決めてアメリカを発つのですが、天候やアクシデントが色々あってなかなか辿り着けないの。
その途中に出会った、変コツのアイルランド男、Declanが旅の同行者となって、最初はお金の為なんだけれど、だんだん離れがたくって彼女がダブリンに行くまでを見守る・・・その間に二人の気持ちに変化が訪れると言う話。やっぱりチープな「物語」なんだけれど、私の好きな可愛いラブストーリーで、続けて2回見てしまったわ。
主人公の女の子が、Amy Adams。以前紹介した、「Julie & Julia」のJulie役の女の子。今回も彼と一緒に包丁使って料理する場面があって、トントントン・・・ってニンジンやねぎを切っていたから、料理が得意なのかな。何か可愛い。相手役のMatthew Goodeも役的には好みです。因みに、彼はアイルランド人ではなくて、イギリス人でオーストラリアの学校を出ている。彼女はアメリカ人だけれど、イタリア生まれ。さっきのAvatarのJake役、Sam Wirthingtonもイギリス人。最近いいなと思うアメリカ映画の俳優さんで、純粋なアメリカ人って少ないです。

今回シカゴ経由のJALで帰ってきたのですが、3日前にならないと席が決まらないし、オンラインでは自分の席も見ることができなくてとっても不安だったのですが、何とラッキーなことに空いていたビジネス・シートに入れてもらえて、ゆったり空の旅を味わうことができました。ベジタリアン・メニューのリクエストが通ってなくて、「いいですよ」って言ったにも関わらず、松下奈緒似のアテンダントさんがめちゃくちゃ恐縮してくれたのは、多分座っているところがよかったからでしょうね。
[PR]
by minazuki2009 | 2010-05-12 15:54 | 文化・芸術