<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ここのところ寒い日が続くアトランタです。一時は暖房を止めて冷房を入れなくては・・・と思っていたのに、今また台所だけちっちゃいファンヒーターを出してきています。ここは日本の電力ではないけれど、暖房を入れず節電しなくては、と思っています。本当に電気代がういたらその分義援金に回すつもりになれば、日本の節電と関係が無いわけではない・・・と、何もできない自分への言い訳のようなものです。
a0134535_1057723.jpg

日差しが強ければ焼ける、気温が下がれば寒い・・・と、文句を言って庭掃除をサボっていたら、春の訪れと共に雑草が生える生える。同時に地下に眠っていた春の葉っぱがむくっと出てきました。枯葉を上に乗せた訳ではありません。枯葉だらけの花壇の下から葉っぱが伸びて来たのです。力強いなあ。
a0134535_10593796.jpg

裏庭のハナミズキ、毎年花を咲かせるわけではないのですが、今年は健気に咲いていました。幹も枝も細くて、花びらも数枚しかないので、木は育つのに時間がかかるから、まだハナミズキの子どもかなと思っています。それでも見事なきれいな花ですね。

昨日は天気予報どおり雷雨でした。夜中に雷がドラム対決のように幾重にも響き渡っていました。家族が揃っていたので、夜中でも怖くは無かったけれど、地震の無いこの街では、雷の音で家が揺れます。それでも多分家の中にいたら安全だろうから、地震の比でなないなあ・・・と夜中に起きた夫がつぶやいていました。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-28 11:05 | 自然
お元気ですか。アトランタは春爛漫です。白い花咲く梨の木がすっかり緑の葉っぱだけになり、桜の花びらも風に舞っています。
a0134535_8241412.jpg

昨日まで蕾だったハナミズキがいよいよ花を咲かせていました。暖かい日が続いていたのですが、今日はちょっぴり冷えています。我が家のTV会社、AT&Tのサービスが使えないから、と受話器を握り締めてTVのスイッチを入れたら、なんと復活していました。向こう側がトラブルを察知したということでしょうか。おかげで、今だけのサービス、契約していないけれど、NHKを中心に海外向けに放送している「TVジャパン」が見られるようになりました。仕事で外に出ることも多いので、TVに釘付けではありませんが、今は放射能の問題が大変そうですね。

ウチの義母が住んでいる街は、なんと国内でも唯一、市全体で断水しているところのようです。地震によって浄化槽がやられちゃったみたいなのです。水道局からのお知らせがホームページにアップデートされていたので、義母に電話をして伝えたけれど、ピンと来ないようです。今時、インターネットがない家だとどうやって市からの連絡が入るのだろうなあ。彼女は携帯電話は持っているけれど、それも「電話」機能のみしか使っていないようです。水道が使えるようになったとき、果たして放射性物質の濃度はどうだと言われるのかしら。あの辺りは、井戸を掘ってあった家が多いのが幸いして、義母もずっと枯れていると思っていた井戸水を、夫がいる時にくみ上げてみたら水が出てきたらしい。それを長いホースで洗濯機につないでいるので、洗濯や顔を洗う、トイレに流す・・・ことはできるらしいです。一戸建てなのでいざとなれば下水は庭に埋めることも可能だと言っています。ただ、お風呂がお湯が出て、冷めたら追い炊き機能・・・のものに変えてあったので、井戸水を最初から温めることが何故かできないらしい。しかし、そんな井戸水も地下水ですからやがて放射性物質が入ってくるのでしょうか。やはり飲み水にはできないのでしょうね。義母も頑張ってくれていますが、これからの生活も大変そうです。避難所で寝起きをされている方に比べたら、文句は言えないって言っていますが。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-25 08:41 | 自然
夫がアメリカ人を連れて、日本に仕事に行っておりました。実は大地震の時に、こちらの早朝に日本から電話をしてきたのは夫で、その時京都でのイベントを終えた新幹線の中で東京に向かっていました。5時間ほど車内に待機でしたが、その時走っていた電車は夜中になっても、全て行き先に到着させ、地震後発の新幹線だったら運休となって東京には辿り着けず、不幸中の幸いと言っていました。。
a0134535_1015950.jpg

色々あったようですが、とりあえず私も両方の親が無事なのがわかった段階では、夫がアメリカ人たちを無事帰路に着かせてあげられるか、が最大の心配事でした。それも、数々の偶然と夫の適切な判断のおかげで、もちろん日本での日程はキャンセルするものも多かったでしょうし、食べるものや飲むものに困ったことでしょうが、成田空港からアメリカ行きの飛行機に乗せてあげることができて、アメリカの家に着いてから、「ありがとう」のメールが届きました。
地震の前日には古い馴染みだったアルゼンチン人と京都で再会し、彼は地震の日の朝、ゆっくり成田に向かおうとしたところ、「何かあったら困るから早朝に行ったほうがいい」と夫はアドバイスして(それは一般的に夫が「早め」に準備をする人だからです。)、一緒に京都駅に行って新幹線のチケットを変更してあげたそうです。おかげで、成田空港に着いてからの地震だったので、もちろんその日は飛行機は飛ばず、一夜を空港で過ごしたそうですが、成田に着いているので翌日の便で帰ることができたというのです。だから彼もアルゼンチンに着いてから、「ありがとう」とメールをくれたらしいです。
自分たちの身もさることながら、せっかく日本に来ている友人、仕事仲間たちに、辛い思いをできるだけさせたくはなかったので、夫はよくやったなと思いました。成田空港を発つ時には、まだ飛行機に乗れなくて毛布に包まって待っている人たちがいっぱいいたそうです。成田エクスプレスも京成ライナーもストップしているそうです。

まだまだ被災者達の生活は続いて、原発の問題もあって、夫も母親を訪ねてからこちらに戻ってくるのに、後ろ髪を引かれる思いだったと思いますが、反対に断水状態で、自分の分の水や食べ物を確保してもらうほうも気が引けたというので、思い切って母をご近所さんに任せて帰って来たようです。被災地での生活は体力がいることです。どうか一日も早くあのような悪夢から解放されますように、願います。

今夜は満月です。そして、19年ぶりに地球と月の距離が近くなって、月が大きく見える「エクストラ・スーパームーン」だそうです。先ほど夫と夜空を見上げてきました。心なしか大きいような気がします。被災地の方々にも見えているのでしょうか。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-20 10:18 | 特別なこと
かなりの衝撃的なニュースです、日本の東北を襲った大地震。私は早朝に日本からの電話で起こされ、寝ぼけ眼のままTVをつけ、ぼーっと聞いていたのが、改めて映像で事の大きさを知りました。そもそも日本国内では電話が通じないので、海外からかけて・・・と言う依頼の電話だったのですが、とんでもない。「わかった」ってかけてみたものの、全然通じず、後で聞いたら海外からの電話はシャットアウトしていたそうですね。それでなくても電話線がパンクしている状態ですもの。しかし、私が日本の親達と連絡を取れていない、と言う事すら折り返し連絡できず・・・もどかしい朝を迎えました。
a0134535_12381911.jpg

結局少しして向こうから電話をくれた母とは話ができて無事がわかったのですが、震源地に近いところに住んでいる義母の様子がわかったのは、深夜になってから。日本だと地震の翌日ですね。人を介して直接見に行ってもらって、避難勧告が出ているけれど自宅で待機していると言うことがわかりました。
一日が長かったです。我が家は日本のTVを受信していないのですが、NHKのUSTREAMをPCからTVに繋いで一日子ども達と見ていました。地図上だとモロ危険地域に義母はいるので、冷や冷やしました。まだまだ余震が続くようで終わっていません。実家の母は阪神大震災を経験しています。あの時も大変でしたが、親達がまた歳を重ねています。津波が来ても逃げられるのだろうか・・・と、海水浴場に徒歩で行けるところに住んでいるのでやっぱり予断は許されません。

ウチの親達には無理でしたが、インターネット、メールは活用され、離れているので親のことを心配してメールくれた友人には感謝しています。それこそ阪神大震災の時には、電報をもらって、文字数が限られていて内容がつかめず、何事かと反対にパニックになったので、メールは直接言葉が届いてありがたかったです。こちらで知り合ったアメリカ人もすぐに「祈っています」ってメールをくれました。おかげでFacebookも活用しています。

私達に今できることって何だろう・・・と考え、娘が筆頭に、私も息子も、各自でAmerican Red Crossに義援金を送りました。日本の赤十字がまだこの震災用に口座を開設準備中だったのと、こちらの銀行やクレジットカードを使って日本に送るのに、やはり在住の場所から送るのが便利だと思ってです。
全く連絡がつかないままの家族をお持ちの方もおられるようですが、みなさんの無事を祈ります。

我が家ではAT&TでTVを受信しているのですが、Japan TVを契約していない人にも特別に、リモコンを使えば日本のNHKが見えるサービスが行われているとメッセージが入りました。アメリカのTV会社ってやるじゃんって思ったのですが、何故かウチのリモコンでは認識してくれません。そういえばかなり前からリモコンが使えずマニュアルで操作していましたっけ・・・。あ~、落ち着いたらまたA社に電話を入れなくては!
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-13 12:43 | 特別なこと
来週から地元のテニスリーグ、ALTAのシーズンが始まるのですが、確か4週目にカウンティの春休みを控え、「バケーションは旅行」のチームメート達は、相手チームと相談して、今日前倒しの試合日程を組みました。
a0134535_7185659.jpg

ホームゲームで、私はサラダ担当でした。サラダ大好き私としては、色々考えるのですが、自分で考えたものとか日本のレシピだと、食べ物には保守的な彼らにはうけません。なので、ステーキハウスのサラダスタイルと銘打って、市販のハニーマスタード・ドレッシングで味付けをすることにしました。せめて見栄えがいいように、トマトの赤と、ブロッコリーの緑、ゆで卵の黄色を散らして、下は2種類のレタスです。カリカリベーコンも乗せました。持ち運びは、アメリカでは珍しい手職人のロンガーバーガーのバスケット。ポットラックでしか使わない長物です。でも籠好きにはたまらないのよね。
a0134535_7265638.jpg

昨日が激しい雷雨で朝はコートが湿っており、キャプテンと住人の努力によりクリーンアップをしてもらって一時間遅れで試合が始まりました。今日の天気予報は晴れだった思うのですが、何と私の試合が終わったらザーッと通り雨。見事にコートが濡れてしまいました。その後、南に15分の家に住んでいる人が、自分のコートをチェックしに行ったら、降っていないということがわかって、試合を一旦中断して移動しました。私は応援隊で。
パートナーもサラダ担当で、彼女のはラップでよく見えないと思いますが、グリーンサラダの上に、ナッツ、ドライフルーツとカットした洋ナシが入っていて、オリーブオイルベースの手作りドレッシングをかけていただくものでした。夫が苦手なフルーツ、ナッツ入りサラダ。私の好物です。その向こうのクッキーは、スウィーツ担当の人の手作りで、お店のと違って甘さが控えめで美味しかったです。珍しく全部味見させてもらいました。

実は一ラインが今日中にはできなくて、どちらにしろメークアップ・マッチなので、日を改めてすることになりました。それで2ポイントイーブンの結果(2勝2敗)。今シーズンも苦戦しそうな予感!
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-11 07:36 | スポーツ
タイヤがUPSの宅配で送られてきました。箱には入れないで来るものなのですね。文字通り雨ざらしOKですものね。息子の大学の友達がオンラインで注文する時に、大学の私書箱ではなく「家の住所」が必要と言うことで、我が家の住所を貸してあげたので届いたものです。
a0134535_8334881.jpg

最近アメリカの店では、在庫を抱えるよりオンラインで注文して倉庫から送られてくるものが多くて、ウチも文房具や本などはオンライン注文していますが、タイヤは高くてもディーラーや専門店の在庫でとりあえず購入プラス設置してもらうのですが、若者はやっぱり違いますね。このタイヤは息子が彼の寮まで届けます。シッピングフィーいただかなくては・・・ねえ。
a0134535_837510.jpg

形の同じ丸くて穴の開いたもの・・・ドーナッツを揚げました。これは、タイヤとは関係なく、週末、子ども達から「お母さんの揚げドーナッツが食べたい!」とリクエストをもらったからです。オールドファッション系=サクサクして、ひび割れしているものが好きなので、そんなレシピで作ります。ある意味クッキー生地を揚げているみたいな感じです。食べると美味しいけれど、揚げる側は油の匂いに胸がいっぱいになります。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-08 08:39 | 日常
今日も寒い一日でした。体感温度はほぼ0度Cだそうです。家の中にいても体が冷え、ゴミを出すついでに庭の草むしりを・・・と思ったのに、続きませんでした。私は、テニスをする時以外では寒いのは辛いです。
a0134535_1192550.jpg

引き続きミッドタウンのお話です。星の見えない高層ビルが並ぶその街も、空気が冷え切っておりました。子ども達の大学がすぐそばにあって、彼らは毎日その街中で生活をしているので、家に帰ると星が輝いていて、「田舎だな」と思うそうです。ウチは比較的農地が少ない住宅街の中なので、さほど「田舎」を意識していない私でしたが、ミッドタウンやダウンタウンに出ると、やっぱり空の明るさに気づきますね。

そんな空の明るい場所のタイレストランに行ってきました。多分高速I-75のすぐ近くにあった一軒家だった店が、再開発工事の折にオフィスビルの一階に移ってきたのだと思います。Tamarind Seed Thai Bistro。洗練された店構えと内装、及びサーブしてくれる女性達が美人ぞろいのお店でした。
a0134535_1123779.jpg
久々に訪れたタイレストランで、やっぱり私が注文するはパド・タイ。家でも一人の時に作って食べています。店によってはアメリカンなケチャップの味のするところもあるのですが、ここは違いました。ピーナッツもモヤシもよかった。
他のみんなは、キャットフィッシュ(なまず)の料理と、マサマンカレーなど。なまずも家で調理を試みたことがあるのですが、骨が多くてうまく作れないので、こういう店で食べるに限りますね。カレーを頼んだ娘は、普段はご飯のお代りはしないのに、ここでは思わず・・・。
そして最後にデザートも頼んでしまいました。このチョコレートムースは小さいけれど、実がびっしり詰まっている感じなので、一個をシェアして丁度よかったです。飾りつけと夜の照明で、デートにぴったりの雰囲気のいいお店でした。車じゃなければ、ワインで乾杯したい雰囲気~。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-07 11:28 | 食べ物
今日は朝から雨です。そして昨日から気温が下がって、またまたセーターを引っ張り出してきました。やはり三月に一度は冬に戻るものですね。ご近所の白い梨の花も散ってしまうかも・・・
a0134535_11183026.jpg

そんな寒い夜、昨夜は日本映画を見にミッドタウンに行ってきました。昨年もこのブログで紹介したのですが、今回はどうもテーマが「食」のようです。どの映画も楽しそうです。
a0134535_11205328.jpg

日本領事館とHigh Museum of Artの協賛で、ここアトランタで行われる「Japanese Film Festival」は、28回目になるとか・・・。歴史がありますね。
邦題で3/4は「南極料理人」、3/11は「築地魚河岸3代目」、3/18「かもめ食堂」の3本です。昨日見てきたのは、その「南極料理人」なんですけれど・・・いやあ、面白い。観客は日本人ばかりか・・・と思いきや、日本びいきのアメリカ人が多かったように思います。Woodruff arts centerの中にあるRich Theatreの座席をいっぱいにしていました。英語で字幕がでるので、役者さんがせりふを言う前に笑う場面も多くて、これもここならではのご愛嬌ですね。この映画、丁度日本で上映頃に、実際の南極大陸へ行く料理人の話を知って見てみたかったので、DVDではなくて、スクリーンで見られてよかったな。おいしそうな料理と、南極の基地で働く人々の苦労や寂しさとの葛藤が面白おかしく描かれています。帰りの車でも家族で感想の話がつきませんでした。他の二本もぜひ見に行きたいと思っています。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-06 11:35 | 文化・芸術
今日は桃の節句です。朝から散らし寿司つくりで張り切っていたけれど、子ども達はサークルの食事会だと言うことで、夕方出張から戻ってくる夫と二人のおひな祭りでした。娘に「主役がいなくてごめんね」って言われたけれど、「今日は私が主役です!」と断言!?
a0134535_10494858.jpg

しか~し、海外に出ていた夫は、「米」が食べられるだけで満足し、しかも、唯一手作りではない、いただきもののお吸い物を飲んで、「あ~、うまい」ですからね。全く・・・。子ども達は一旦家に帰ってきてから食事会に出かけたので、私がご飯を作って唐揚げを揚げているのを見ているので、「家で食べて行きたいよ~」と言っていましたが、ははは・・・。一応明日の朝食に食べられるように取ってはあります、彼らの分は。でも酢飯の酢は抜けるだろうな。
a0134535_10525739.jpg

デザートに食紅を入れたモチ粉で大福を作ろうと思ったら、食紅入れすぎて、またモチ粉を増やして・・・やわらかくなりすぎ、カップに入れないと形が収まらなくなりました。うす桃が赤・・・になると、いかにも人工的で怖いですね。これからは気をつけなくては。何はともあれ、今年もお雛さんを飾って桃の節句を祝えました。毎年、娘には家にいてほしいからと、ゆっくり仕舞うのですが、今年はちゃんと早めに片付けた方がいいかしら・・・。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-04 10:58 | 季節・行事
3月に入ってますます春を感じる今日この頃です。とうとう梨の白い花も咲いてきました。あ~花粉とあの匂い(臭い?)。あれが苦手なウチの青年が外出を躊躇しています。
a0134535_2344387.jpg

仲良しのお友達に、アトランタのバックヘッドにあるフレンチ・レストランに連れて行ってもらいました。既に日本人には人気のお店、Anis Cafe & Bistroです。アメリカ人の好きな、一戸建ての古い家を改築して、アンチックと言うかコジーな雰囲気を出している、「フランスの片田舎の家庭料理の店」と言う感じでしょうか。フレンチと言っても堅苦しい雰囲気ではありませんでした。
a0134535_23474157.jpg

メインはみんなシーフードにしようと決めていたので、前菜には生ハムのセット。うす~く切ってあって、私にも美味しくいただけました。パテなどはパンにつけていただけるし、本当はワインを飲みながら、おしゃべりしながらゆっくり食事を楽しむためのアパタイザーだったのだろうね、と語りながら・・・。
a0134535_234958100.jpg

3人で行ったので、みんなのディッシュを一挙公開。私はお店のお勧めセット(左上)で、サーモンをグリルしたものとポテトのスープ、サラダです。ソースが美味しかったのがさすがフレンチかな。デザートは、シューにアイスクリームを挟んでチョコレートがけしたものです。本来は2個でセット(一人分)のところをシェアするといったら、3個お皿に盛ってくれました。甘いものは一個で丁度よかった。

街中にあるので、広い駐車場が確保できなくて、バレットになっています。お友達とカープールして出かけてみては?テラスも屋根があって開放されているので、この陽気の中で雰囲気のよい食事を囲んでのおしゃべりは楽しいかも。

今日はあこがれの方の誕生日でした。自分の誕生日以外に人の誕生日で歳を感じてしまいます。多分年上の方々だからだろうな。これからの人生も、一年一年充実したものとなりますように。
[PR]
by minazuki2009 | 2011-03-02 00:03 | 食べ物